私が高校時代ワキガで困ったこと

 

私が高校時代ワキガで困ったこと

 

私は高校に入るまでは、ワキガについての知識も無く私自身がワキガであるということも分かりませんでした。

 

しかし、高校に入学した1年生の夏、学校の体育祭の練習があるときでした。夏の暑い日に毎日外で練習していたことから私は汗だくになっていました。

 

そして、タオルで軽く汗を拭く程度のケアしなかった結果私の制服のワキが黄色くなっていました。最初はちょっと汗がついたのかなぐらいにしか考えていなかったのですが、何回洗濯をしても色が落ちることはなく、自分がワキガであることが分かりました。

 

自分だけが知っているのであれば大丈夫だったのですが、学校にその制服を着ていたことにより友人にもばれてしまいました。その友人が教室の中で何で制服のワキが黄色くなっているの?と言ってきた事からクラス全員にもばれてしまい、その日からワキガのことでからかわれるようになりました。

 

学校に行くと、バンザイしてみろよと言われたり、ワキガで臭いから近寄るなと言われたりと学校にいくのがつらくなるほどの苦労をしました。その後、友人が私のことをからかうのを飽きたからなのか、私が学校でからかわれることはほとんどなくなりましたが、ワキガであることは周りにばれてしまった事からとても大変な思いをしました。